クスリのよろず屋「雅 (Miyabi)」の見立て

臨床における薬局の役割とは?その在り方を模索しています. コンセプトは「街の臨床疫学者が居る場所」  手法はEBM(Evidence-based Medicine:根拠に基づく医療). 日々の活動・著者の想いなど.

ブログ移転のお知らせ

まさひろです.

ブログをこちらに移転いたします.

引き続き,どうぞよろしくお願い申し上げます.

 

よろず屋「雅(Miyabi)」のみたて

pharmasahiro.com

 

JJCLIP_#54 Twitterを使っている人は気分が沈みやすい性格なのでしょうか?

薬局薬剤師のまさひろです.

薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせでございます.

平成29年度第12回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ

開催日時:平成30年3月25日(日曜日)

■午後20時45分頃 仮配信
■午後21時00分頃 本配信

なお配信時間は90分を予定しております.

ツイキャス配信はこちらから→http://twitcasting.tv/89089314
ツイキャス司会進行は、精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です.
ご不明な点などありましたら, 薬剤師のジャーナルクラブFacebookページから,
又はTwitterアカウント@pharmasahiroまでご連絡いただけると幸いです.

[症例47:Twitterを使っている人は気分が沈みやすい性格なのでしょうか?]

【仮装症例シナリオ】
あなたは,とある薬局の薬剤師さんです.
春うららかなポカポカ陽気.
以前受け入れていた実習生が国家試験に受かったという知らせも入り,
なんだかニコニコしてしまいます.

お昼休み休憩中に,いつものようにTwitterで有用な情報がないかタイムラインを見続けていると,ふと,以下のようなTweetを見かけました.

 

Facebookを使う人はナルシストで、Twitterではうつっぽくて、Instagramなら外向的だ』

 

…はぁ( ゚д゚)!?????? 

 

「自分はどれもがっつり活用して情報収集しているぞ!でも決してナルシストでもうつっぽいわけでも外交的ってわけでもないぞ!!まぁただちょっとTwitterの比率が高いけど,これは元論文を読んで確かめるしかない!!!」

そういきり立ったあなたは,昼食を摂るのもそっちのけで,先のTweetに添付されたURLから,呟きの根拠となる論文を手に入れ,その場で早速読んでみることにしました.

【論文タイトルと出典】
What does media use reveal about personality and mental health? An exploratory investigation among German students.
Brailovskaia J, Margraf J.
PLoS ONE. 2018;13(1):e0191810.
PMID: 29370275
PubMedhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29370275
PDF → https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5784983/pdf/pone.0191810.pdf

【使用するワークシート】
今回はなし

 

 

 

毎度告知が遅くなりましてすみません.

今年度最後のインターネット抄読会でございます.
今回は年度末ということで,かなりネタに走りました(爆

 

それでも,どんなことでも,

EBMの手法に則って入れば,
きちんと検証できるんだぜ( ゚д゚)!!!多分 !!! 

 

…冗談(?)はさておき.閑話休題

 

エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ.

いつものように, 配信中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.
皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.

それでは, ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.

 

 薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは, 薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです. 現在は@89089314先生, @syuichiao先生, そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.

JJCLIP_#53 褥瘡患者の栄養はどういったものを投与するのが良いのでしょうか?

薬局薬剤師のまさひろです.

 薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせでございます.

 

平成29年度第11回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ
開催日時:平成30年2月25日(日曜日)

■午後20時45分頃 仮配信
■午後21時00分頃 本配信

なお配信時間は90分を予定しております.

ツイキャス配信はこちらから→http://twitcasting.tv/89089314

ツイキャス司会進行は、精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です.
ご不明な点などありましたら, 薬剤師のジャーナルクラブFacebookページから,
又はTwitterアカウント@pharmasahiroまでご連絡いただけると幸いです.

[症例46:褥瘡患者の栄養はどういったものを投与するのが良いのでしょうか?]

【仮装症例シナリオ】

あなたは,とある街の薬局の薬剤師さんです.今日は一日外来調剤…と思っていた矢先に,提携している在宅医より相談の電話がかかってきました.

「施設入居患者の〇〇さん,仙骨部の褥瘡,やっと改善してきたかなって思ったら,最近食事がさらに摂れてないって介護士さんから言われてね.それで,エンシュア・H®︎に切り替えてもいいのかなって考えてるんだ.ただ,正直自分は栄養のことはあまり詳しくなくて,もし代替案があれば,それが処方できるかどうかも含めて教えて欲しいんですよね.先生,どう思います?」

[患者背景]
・70歳女性.仙骨部の褥瘡が入所時より持続.そのほかの既往歴はなし
・これまでに医師・看護師・介護士と協働で,適切な外用薬創傷被覆材は使用している
・軽度摂食障害がありエンシュア・リキッド®︎のみが不定期で処方されていた

今日中に折り返し連絡しますと伝えたのち,いつも通り,文献を探してみると,褥瘡と栄養に関する論文を見つけることができたので,その場で早速読んでみることにしました.

【論文タイトルと出典】
Efficacy of a Disease-Specific Nutritional Support for Pressure Ulcer Healing: A Systematic Review and Meta-Analysis.
Cereda E, Neyens JCL, Caccialanza R, Rondanelli M, Schols JMGA.
J Nutr Health Aging. 2017;21(6):655-661.
PMID: 28537329

https://www.researchgate.net/publication/309372823_Efficacy_of_a_Disease-Specific_Nutritional_Support_for_Pressure_Ulcer_Healing_A_Systematic_Review_and_Meta-Analysis
PDF→https://www.researchgate.net/profile/Jos_MGA_Schols/publication/309372823_Efficacy_of_a_Disease-Specific_Nutritional_Support_for_Pressure_Ulcer_Healing_A_Systematic_Review_and_Meta-Analysis/links/5a5b8ddea6fdcc3bfb63760d/Efficacy-of-a-Disease-Specific-Nutritional-Support-for-Pressure-Ulcer-Healing-A-Systematic-Review-and-Meta-Analysis.pdf

【使用するワークシート】
メタ分析を10分で吟味するポイント

http://j.mp/jjclipsheet2
@syuichiao先生のブログより

 

いつもいつも告知が遅くなりまして申し訳ありません.

今回は褥瘡患者の栄養面からのアプローチを皆さんと一緒にディスカッションできればと思っております.

 

エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ.

 

いつものように, 配信中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.

皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.

それでは, ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.

 

 薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは, 薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです. 現在は@89089314先生, @syuichiao先生, そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.

未来は明るいかどうかじゃない,明るく「できる」かどうかだよ

先日の某雑誌のアンケート結果を読んで抱いた雑感を述べます.

 

ptweb.jp

まぁ,予想通りの結果というか,誰も彼も自分の能力や職能にこうも不安だから未来に対するネガティブな思考に陥るのでしょうか.

 

【明るいかどうかじゃない,明るくできるかどうか,では?】

現状に不満や不安があるのは仕方ないとして,
では自分たちの手で今と未来を明るく,そして愉しく変革するにはどうすればいいのか,知恵を絞って考えているのでしょうか.

僕はこの記事だけを見ていると,どうもそう言った印象を受けません.

 

もちろん,今後どうするのかについて建設的な意見も散見されます.

ptweb.jp

ptweb.jp

しかし,やはり最後の項の,「明るい」か「暗い」かという予想に対して,
どうも他力本願な空気を感じてしまいます.

(この感覚が間違っていると信じたいものです)

ptweb.jp

 

誰かが明るくしてくれるのを待っているだけ

という,受け身の姿勢のままでいる方々が,まだまだ相当数いるように思います.

(これも自分が間違っていると信じたいものです)

 

当然ながら,昨日と同じことを,先週と同じことを,

先月,去年,10年前と同じことを繰り返しているだけでは,

それは進歩もなく衰退してゆくだけだと思います.

そもそも何か変化を起こさなければ,今も未来も変わらず,後退してゆくだけです.

自分はそう思います.

だからこそ,昨日とは違ったことをする.失敗してもいい.うまく行かなくてもいい.

それでも諦めずにチャレンジする.

Stay hungry, Stay foolishに生きる.

そんな風に考えてはいかがでしょうか.

 

明るいかどうかじゃない,明るくできるかどうかなのではないでしょうか

 

誰かが何かをしてくれるのを待っているのではなく,

自分たちの手で,明るく「する」んだと.

 

そんな風に,自分の考え方を入れ替えてはいかがでしょうか.

どうやったら自分たちの今と未来を明るく変えられるのか.

全国の皆様と本気で語りあいたいものです.

 

今日はここまで.
それでは▽

 

JJCLIP_#52 風邪に抗菌薬を使うと重症化を防ぐことができるのでしょうか?

薬局薬剤師のまさひろです.
薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせでございます.

平成29年度第10回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ

開催日時:平成30年1月28日(日曜日)
■午後20時45分頃 仮配信
■午後21時00分頃 本配信

なお配信時間は90分を予定しております.

ツイキャス配信はこちらから→http://twitcasting.tv/89089314
ツイキャス司会進行は、精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です.

ご不明な点などありましたら, 薬剤師のジャーナルクラブFacebookページから,
又はTwitterアカウント@pharmasahiroまでご連絡いただけると幸いです.

[症例45:風邪に抗菌薬を使うと重症化を防ぐことができるのでしょうか?]

【仮装症例シナリオ】
あなたは,とある街の薬局の薬剤師さんです.
インフルエンザが猛威を振るう年明け.自分もスタッフもマスク着用,手指消毒・うがい徹底と感染対策に余念の無い毎日.そんな中,ふとしたときに,新人薬剤師さんから次のような相談がありました.

「風邪患者さんとのコミュニケーションがうまくいかなかったんです.患者さんは抗菌薬を希望していたんですが,『そもそも感冒に抗菌薬?それって意味ないし下手に飲んで耐性菌ができたりしたら結局本人も困るでしょ…』と思ってその旨を言ったんですが,あんまり納得されなかったんです.重症化したら怖いし自分が予防で欲しいって思ったら処方してくれるでしょ,みたいな…

特に,『意味ないって言ったけれど,それじゃあ重症化とかってどれくらい低い確率で起きるの?抗菌薬って本当に効果が無いって証拠あるの?』という質問にうまく答えられませんでした.まだまだコミュニケーションの勉強も不足してるって痛感しました.実際のところ,風邪の後の重症化ってどれくらいの頻度で起きるんしょう?そしてそれって抗菌薬で本当に予防できないんでしょうか?

...患者さんの価値観を尊重しつつ,けれども自分も抗菌薬の乱用を防ぎたいんです」

新人さんの,そんな若々しい正義感も尊重したいなと思ってあなた.
『自分もそのあたりはよくわかっていないから,一緒に調べてみよう』,と前置きして,PubMedで検索をしたところ,上気道感染症に対する抗菌薬使用の有無で,細菌合併症に違いがあるのかどうかを検証した論文を見つけることができたので,その場で早速読んでみることにしました.

【論文タイトルと出典】

Antibiotic use and bacterial complications following upper respiratory tract infections: a population-based study.
Cars T, Eriksson I, Granath A, et al.
BMJ Open. 2017;7(11):e016221.
PMID: 29146635
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29146635
PDF→http://bmjopen.bmj.com/content/bmjopen/7/11/e016221.full.pdf

【使用するワークシート】

観察研究を10分で吟味するポイント
http://j.mp/jjclipsheet3
(@syuichiao先生のブログより)

 

今回も告知が大変遅くなりました.
年明け1回目のインターネット論文抄読会でございます.

今回は風邪と抗菌薬と合併症について.
知っているようで,きちんと言葉を紡げるかと言われると,
自分はまだまだうまく言語化できません(情けないもんです)
そんな無知をさらけ出して,みなさんと一緒にゼロから愉しく学ばせていただければと思っております.
 
エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ.
 
いつものように, 配信中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.
皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.
それでは, ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.


薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは, 薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです. 現在は@89089314先生, @syuichiao先生, そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.

少しは,何かができているのでしょうか?

薬局薬剤師のまさひろです.

あっという間に大晦日.今年ももう終わり.

AHEADMAPの立ち上げから,ワークショップの開催,書籍の共同執筆や論文投稿,そして結婚.

本当に色々とあった一年でした.

 

...4年前,自分の小さな一言から始まった活動が,こんなにも広がるとは,
正直思っても見ませんでした.

togetter.com

 

なんの実績もない自分が,ここまで継続して踏ん張ることができたのは,

ひとえに,自分を導き,時に叱咤し,そして応援してくださるみなさまのお陰でございます.

改めて,御礼申し上げます.

これからも,みなさまと一緒に,愉しく,今と未来を創り変えられるよう,

来年も,今まで以上に奮闘いたします.

今後とも,JJCLIPを,AHEADMAPを,どうぞよろしくお願い申し上げます.

 

 

 

 

ふと立ち止まって,思う.

...少しは,何かができているのかな,と.

 

JJCLIP_#51 メディアで流れる医療情報の質は担保されているのでしょうか?

薬局薬剤師のまさひろです.
薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせでございます.

平成29年度第9回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ
開催日時:平成29年12月17日(日曜日)
■午後20時45分頃 仮配信
■午後21時00分頃 本配信
なお配信時間は90分を予定しております.

ツイキャス配信はこちらから→http://twitcasting.tv/89089314
ツイキャス司会進行は、精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です. ご不明な点などありましたら, 薬剤師のジャーナルクラブFacebookページから,
又はTwitterアカウント@pharmasahiroまでご連絡いただけると幸いです.

[症例44:メディアで流れる医療情報の質は担保されているのでしょうか?]

【仮装症例シナリオ】

あなたは,とある街の薬局の管理薬剤師さんです.
今日で今年の開局は最終日.年内に溜まった仕事を片付けるべく,パソコンに向かっていると,
職場の女性スタッフから唐突に次のような相談を受けました.

「実は旦那があやしい健康情報に振り回されそうで心配なんです.この間,ふと自宅の本棚をみたら,『ワクチンの真実と嘘!』『奇跡の栄養素◯◯でがんが消えた!』『絶対に,病気にならない習慣!』とか,私からすればうさんくさそうな本や雑誌を買ってくるんです.聞けば,テレビの有名な健康番組で紹介された内容だから間違いないはずだって.本人は良かれと思って読んでいるみたいなんですけれど,どうにも心配で….どこまで正しい情報なのかを諭すべきか,それとも本人の気持ちを尊重してそっとしておくべきか,どうすればいいんでしょうか?」

スタッフからの不安にちゃんと答えようとしたあなた.その番組で取り上げられた内容の真偽のほどを調べようと,GoogleなりPubMedなりで四苦八苦しながら情報を吟味していると,偶然,テレビ番組での健康トークショーの妥当性を調べた論文を見つけることができましたので,その場で早速読んでみることにしました.

【論文タイトルと出典】  

Televised medical talk shows--what they recommend and the evidence to support their recommendations: a prospective observational study.

Korownyk C, Kolber MR, Mccormack J, et al.

BMJ. 2014;349:g7346.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/25520234/
【使用するワークシート】

観察研究を10分で吟味するポイント
http://j.mp/jjclipsheet3

(@syuichiao先生のブログより)

 

今回も告知が大変遅くなりました.

さて今年最後の抄読会は少し嗜好を変えたシナリオをご用意させていただきました.

医療者だけではなく,一般の方々にも楽しんで抄読会にご参加頂ければと思っております.

 

エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ.
 
いつものように, 配信中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.
皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.
それでは, ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.


薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは, 薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです. 現在は@89089314先生, @syuichiao先生, そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.