読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クスリのよろず屋「雅 (Miyabi)」の見立て

臨床における薬局の役割とは?その在り方を模索しています. コンセプトは「街の臨床疫学者が居る場所」  手法はEBM(Evidence-based Medicine:根拠に基づく医療). 日々の活動・著者の想いなど.

JJCLIP_#35 風邪薬を服用していると認知症になりやすいのでしょうか?

薬局薬剤師のまさひろです.

薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせでございます.

平成28年度第5回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ

開催日時:平成28年7月24日(日曜日)
■午後20時45分頃 仮配信
■午後21時00分頃 本配信
なお配信時間は90分を予定しております.

※ツイキャス配信はこちらから→http://twitcasting.tv/89089314

ツイキャス司会進行は、精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です.
ご不明な点などありましたら, 薬剤師のジャーナルクラブFacebookページから、又はTwitterアカウント@pharmasahiroまでご連絡いただけると幸いです.

[症例31:風邪薬を服用すると認知症になりやすいのでしょうか?]

【仮想症例シナリオ】

あなたは, とある街の薬局に勤める薬剤師です.
梅雨上がりの夏本番, 気温も上がり, 脱水症状対策のチラシを補充しようかなと考えていたら,
一人の女性があなたに相談にやってきました.

「この間の週刊誌に, “薬でむしろ認知症になる!”なんて記事を見かけて以来, どうも不安で…私の飲んでる薬なら大丈夫なのかしら?」

[患者情報]
67歳女性
軽度な過活動膀胱で5年前より治療中
特に大きな病歴もなく, 軽い運動もしている(自己申告)
ただ近医への定期受診時に, 「風邪を引いた時のために」と総合感冒薬が数日分だけいつも処方されている

rp)
コハク酸ソリフェナジンOD錠5mg 1錠 分1朝食後

プロメタジン1.35%等配合非ピリン系感冒剤 4g 分4毎食後および就寝前

あなたは, 週刊誌の情報が本当に正しいのか調べてみたところ,
抗コリン作用薬と認知症発症に関する一つの論文を見つけることができたので,
早速, その場で読んでみることにしました.

【論文タイトルと出典】
Cumulative use of strong anticholinergics and incident dementia: a prospective cohort study.
Gray SL, et al.
JAMA Interm Med. 2015 Mar;175(3):401-7
Pubmedhttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25621434
PDF:http://archinte.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2091745 
(JAMAに予め無料会員登録が必要ですが無料で閲覧が可能です)
PMID:25621434

【使用するワークシート】
観察研究を10分で吟味するポイント:
http://j.mp/jjclipsheet3 
@syuichiao先生のブログより)

 

JJCLIPの告知をこちらメインブログに移動いたしました.
(これまでのご案内はこちらをご参照ください)

今回は観察研究を取り扱います.
年度明けより継続している, 「初学者さま大歓迎」企画としての抄読会を準備させていただきました.

「身近な薬と病気こそリスクとベネフィットを具体的に」
第3弾でございます.

観察研究も押さえるべきポイントがあり,
そこさえ空振りしなければ,
「こんなにも論文は簡単に読めるんだ」
「結果の適用を議論するのはこんなにエキサイティングなんだ」

そんな体験をしていただけるよう善処いたします.

エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ.

いつものように, 配信中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.
皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.

それでは, ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.

薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは, 薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです. 現在は@89089314先生, @syuichiao先生, そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.