読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クスリのよろず屋「雅 (Miyabi)」の見立て

臨床における薬局の役割とは?その在り方を模索しています. コンセプトは「街の臨床疫学者が居る場所」  手法はEBM(Evidence-based Medicine:根拠に基づく医療). 日々の活動・著者の想いなど.

JJCLIP_#36 薬の副作用でがんになりやすくなるのでしょうか?

薬局薬剤師のまさひろです.

薬剤師のジャーナルクラブ 開催のお知らせでございます.

平成28年度第5回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ

開催日時:平成28年8月28日(日曜日)
■午後20時45分頃 仮配信
■午後21時00分頃 本配信
なお配信時間は90分を予定しております.

※ツイキャス配信はこちらから→http://twitcasting.tv/89089314

ツイキャス司会進行は、精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です.
ご不明な点などありましたら, 薬剤師のジャーナルクラブFacebookページから、又はTwitterアカウント@pharmasahiroまでご連絡いただけると幸いです.

[症例32:薬の副作用でがんになりやすくなるのでしょうか?]

【仮想症例シナリオ】

あなたは, とある街の薬局の薬剤師さんです.

オリンピックと夏の甲子園で気温以上に熱い今年の夏, スタッフも患者さんも, 連日その話題で持ちきりとなっています.

そんな中, 今年度より自分がかかりつけ薬剤師として担当している一人の患者さんが, 定期処方が出る前に来局され, なにやら不安そうな面持ちで次のような質問をされました.

「もう結構長いこと治療を受けているし, 数値もそこそこいい感じで, 何か減らせる薬ってないかなぁと思ってね. 実は先日低血糖みたいな症状を起こしてこともあってね…

それに, ちょっとネットで自分の薬のことを調べてみたんだけれど, このピオ何ちゃらって薬, 膀胱がんが増えるかもって書いてあって, それでもう不安になっちゃって…

こういうことってなかなか医院では怖くて聞けないからね…

先生, どう思います?」

 

患者背景:

高血圧と2型糖尿病と診断されて10年ほどが経過した50代の自営業男性
共働きの奥様と中学生の息子さん, 高校生の娘さんの4人暮らし

使用薬:

メトホルミン500mg 2T/分2 朝夕食後
グリメピリド1mg   2T/分2 朝夕食後
シタグリプチン50mg 1T/分1 朝食後
ピオグリタゾン15mg 1T/分1 朝食後
テルミサルタン40mg  1T/分1 朝食後

 

直近データ:

BP 120/70mmHg HR 72
FBS 100mg/dl
HbA1c 6.2%

ピオグリタゾンと膀胱がんの発症リスクについて, その真偽の確認を依頼されたあなた.

その場でPubMedを検索したところ, 今年に入って新しい情報が追加されていることがわかりました. 早速, 論文をダウンロードして, その場で読んでみることにしました

 

【論文タイトルと出典】

Pioglitazone use and risk of bladder cancer: population based cohort study.
Tuccori M et al
BMJ. 2016 Mar 30;352:i1541

Pubmedhttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27029385
PDF:http://www.bmj.com/content/352/bmj.i1541.full.pdf
PMID:27029385

【使用するワークシート】
観察研究を10分で吟味するポイント:
http://j.mp/jjclipsheet3 
@syuichiao先生のブログより)

 

これまでのJJCLIP抄読会のご案内はこちらをご参照ください

前回に引き続き観察研究を取り扱います.
以前にも糖尿病治療薬を使用することとがんの発症リスクについて抄読会を開催致しました.

JJCLIP#18 インスリンを使うとガンになりやすくなる?! | Gokennya

今回は内服薬についてです.
以前より懸念されていたピオグリタゾンと膀胱がんの発症リスクについて,
その具体的なリスク増大の推定値とその解釈の仕方をみなさまと議論できればと思っております.

エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ.

いつものように, 配信中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.
皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.

それでは, ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.

薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは, 薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです. 現在は@89089314先生, @syuichiao先生, そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.