読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クスリのよろず屋「雅 (Miyabi)」の見立て

臨床における薬局の役割とは?その在り方を模索しています. コンセプトは「街の臨床疫学者が居る場所」  手法はEBM(Evidence-based Medicine:根拠に基づく医療). 日々の活動・著者の想いなど.

JJCLIP_#38 漢方薬で糖尿病の合併症は予防できるのでしょうか?

薬局薬剤師のまさひろです.

薬剤師のジャーナルクラブ 開催のお知らせでございます.

平成28年度第7回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ

開催日時:平成28年10月23日(日曜日)
■午後20時45分頃 仮配信
■午後21時00分頃 本配信
なお配信時間は90分を予定しております.

※ツイキャス配信はこちらから→http://twitcasting.tv/89089314

ツイキャス司会進行は、精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です.
ご不明な点などありましたら, 薬剤師のジャーナルクラブFacebookページから、又はTwitterアカウント@pharmasahiroまでご連絡いただけると幸いです.

[症例33:漢方薬で糖尿病の合併症は予防できるのでしょうか?]

【仮想症例シナリオ】

あなたは,とある街の薬局の薬剤師さんです.

季節は食欲の秋,患者さんの栄養指導にも熱が入る今日このごろ.

薬局内にも食事と運動・病気に関するパンフレットをいつもより多めに揃えています.

そんなある日の昼休み休憩中に,近隣のファミリークリニックの院長先生から,電話で次のような質問を受けました.

「今日とある漢方メーカーのMRさんが来たんだけれど,”糖尿病の合併症予防に牛車腎気丸”がいいって言われてね. 僕,その漢方薬は処方したことないんだけれど,本当に予防効果があるのかな?どうも漢方って勉強するのが難しいって思ってるから,教えて欲しいんだよね」

牛車腎気丸が糖尿病の合併症予防に有用であるかどうかを,いつも通りPubMedで論文検索を行ったあなた. すると,当該薬剤に関する報告を一つ見つけることができました.

「10分で折り返しご連絡します」

と院長先生に伝えたのち,早速その場で読んでみることにしました.

 

【論文タイトルと出典】

Long-term effects of goshajinkigan in prevention of diabetic complications: a randomized open-labeled clinical trial.

Pubmedhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24812564

PDF:http://downloads.hindawi.com/journals/ecam/2014/128726.pdf

PMID:24812564

【使用するワークシート】
ランダム化比較試験を10分で吟味するポイント:
http://j.mp/jjclipsheet1

@syuichiao先生のブログより)

 

これまでのJJCLIP抄読会のご案内はこちらをご参照ください

朝晩が涼しくなっていよいよ秋の到来です.

食欲の秋, スポーツの秋, そして, 読書の秋.

今年の読書には(にも?)臨床医学論文を加えていただければと思います.

さて, ケモの有害事象回避にも処方されるこの漢方薬

果たしてどれくらいの効果があるのでしょうか.

エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ.

いつものように, 配信中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.
皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.

それでは, ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.

薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは, 薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです. 現在は@89089314先生, @syuichiao先生, そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.